北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)キックオフ

貧乏大学生の北海道周回旅行

 これは,2019.8.27-2019.9.9でとある貧乏大学生が行った,北海道周回旅行の記録です。主に,使用するのは公共交通機関,特に鉄道となります。

 このページでは,荷物等の出発準備について書きます。

 まず,荷物です。私は大きめのリュックのみを持って移動しました。その結果,以下のリストすべての荷物をそのリュックに入れたことになります。 

<荷物>

  • 寝袋(万一のために…)
  • 着替え×2 (出発時着ていたものを含め,3日分)
  • 手ぬぐい×4
  • ノートパソコン
  • タブレット
  • スマートフォン
  • 身分証,カード類(健康保険証,運転免許証,学生証,ANAマイレージカード(ANA機に乗ったことは一度もない笑),TOICA,ICSKA,キャッシュカード,クレジットカード,デビットカード等)
  • 財布
  • 歯ブラシセット
  • コード,充電器類
  • ポータブル充電器
  • 酔い止め,軟膏など
  • イヤフォン
  • 本×3 村上春樹『海辺のカフカ』新潮文庫 上下巻 +1
  • ペットボトルホルダー
  • 時刻表
  • 筆箱
  • ポケットWi-Fi(日常品)

私は,ここ1年くらいで頻繁に旅行に行くようになりました。そこでの知恵も多少はここに集約されています。

着替えは,着ていたもの併せて3セットあれば,十分です。あとは適宜洗濯をすれば,エチケットの観点から見ても問題ないでしょう。

手ぬぐいは,私は剣道をやっていたこともあり,かなり身近なものです。汗拭きやお風呂に入った際の体拭きなどなど,使用用途は一杯あります。

時刻表は,今回田舎に行き,ポケットWi-Fiが使えなくなることを心配したので買いました。結果的に言うと,前後関係を見るには時刻表があるとかなり便利です。

本は持っていきます。夜の移動等の時に重宝します。実際,持って行った本は旅の前半で読んでいってしまいました。個人的には,がちがちの文学作品や古典,哲学的な本がいいと思います。

貧乏ということを名に冠した以上,収支もお伝えします。旅の準備として,購入したリストは以下の通りです。

<事前収支>

圧縮タオル(ダイソー) 6コ入り×2袋 △216円

時刻表(2019年9月版)        △726円

小計                  △1042円

圧縮タオルというのは,水を含ませると広がるものです。個人的には,体を洗うタオルは,これにした方がいいように思います。衛生的ですし,体積も大きくないです。

これから,1日毎ページにまとめますので,北海道を公共交通機関を用いて一周したい!という方は,参考にして頂けると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました