北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)2日目

北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)2019年夏

2019.8.28

<行程>

11:00 苫小牧港

11:25 フェリーターミナル

↓道南バス苫小牧駅前行

11:35頃 出光カルチャーパーク前

出光カルチャーパーク

苫小牧市科学センターミール展示館

13;02 苫小牧

↓スーパー北斗12号 自由席 北海道フリーパス利用

13:27 登別

13:30 登別駅前

↓道南バス 登別温泉足湯前行き

13:49頃 登別温泉バスターミナル

のぼりべつクマ牧場

地獄谷

大湯沼

登別温泉夢元さぎり湯

19:08 登別温泉バスターミナル

↓道南バス登別駅前行き

19:22頃 登別駅前

19:24 登別

↓スーパー北斗22号函館行き

19:36 東室蘭

19:48 東室蘭

↓室蘭支線普通室蘭行き

20:00 室蘭

旧室蘭駅舎

駅前スーパーARCS

21:45 室蘭

↓室蘭支線・室蘭本線直通普通苫小牧行

21:58 東室蘭

コインランドリーもも 室蘭中島店

フリースタイル室蘭中島店泊

f:id:normal_valley:20191007000757p:plain
2日目行程概略地図

<収支>

朝食代 △362

バス代(フェリーターミナル―出光カルチャーパーク前) △250

ミール展示館入館料 △0

北海道フリーパス(8/28~9/3) △26230

昼食代(駅弁)△432

お茶代 △200

道南バス(登別駅前⇔登別温泉 △340×2

のぼりべつクマ牧場入園料 △2600

クマの餌代 △100

夢元さぎり湯入湯料 △420円

夕食代 △450

洗濯代 △400

乾燥代 △300

ネットカフェ代 △1748

小計 △34172  1日実質△11942

累計 △41872

f:id:normal_valley:20191007000804p:plain
苫小牧市観光概略地図

 本日の行程は,フェリー下船後,苫小牧を若干観光した後,登別に行き,登別温泉に行きます。そのあと,室蘭方面まで移動し,室蘭で宿泊の予定です。 

 フェリーは,予定より20分ほど早くフェリーターミナルに着岸しました。北海道は,特に道南は大雨,強風,低温でした。フェリーターミナルからは,道南バスで市街地へと向かいます。

f:id:normal_valley:20191005165844j:plain
いしかり号から見た苫小牧港 撮影2019.8.28

 検索したら,たまたま出てきた,出光カルチャーパーク,苫小牧市科学センタ―,緑が丘公園に行こうと計画していたので,出光カルチャーパーク前で降りたのですが,出光カルチャーパークというのはただの公園でした。そこに,苫小牧市中央図書館や同市美術館が併設されていますが,出光カルチャーパーク自体は公園ということに驚かされました。名前からして何かの展示施設であると思っていたからです。

 科学センターへと向かいます。ミール展示館のみ見学しました。しかし,本館も入館料は無料だから,行ってみてもよいと思います。

ミール展示館とその前にある蒸気機関車 撮影2019.8.28

ミール博物館 http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kagaku/mir/tenjikan/about.html 

 その後,苫小牧駅へと移動し,苫小牧駅の券売機で北海道フリーパスを購入しました。

f:id:normal_valley:20191005170556j:plain
北海道フリーパス 7日間特急列車自由席以下のものについて乗り放題となる 26230円

これは,指定した連続7日間特急列車の自由席(勿論,普通列車の自由席も)が乗り放題になり,特急列車の指定席も6回まで使用可能であるというものです。これは,青春18き っぷとは異なり,自動改札を通過することができました。そして,指定席を利用する場合には,窓口に行き手続きをすることが求められます。つまり,自動券売機では購入できないということです。 

f:id:normal_valley:20191005170833j:plain
苫小牧駅 撮影2019.8.28

そして,特急スーパー北斗で登別へと移動しました。スーパー北斗では,1駅です。このときは,スーパー北斗は7両編成,後ろ2両が自由席でした。

f:id:normal_valley:20191007000811p:plain
登別行程概略地図

 そして,登別駅へと到着しました。めちゃくちゃ寒かったです。そして,バスで登別温泉へと移動しました。このバスの接続が非常に良かったです。私が駅前のバスターミナルに出ると,ちょうど到着しました。もしかしたら特急の到着時刻に合わせてバスを運行しているのかもしれません。

f:id:normal_valley:20191005171013j:plain
登別駅 撮影2019.8.28

 バスに揺られながら(かなりのカーブ,山道である),登別温泉に到着しました。まずは,クマ牧場へと向かいました。

アヒルレース於のぼりべつクマ牧場 撮影2019.8.28
のぼりべつクマ牧場にて 撮影2019.8.28

 その後は,地獄谷と大湯沼へと向かいました。地獄谷は温泉街からかなりすぐに行くことができます。私が行った時は,天気が非常に悪かったのですが,それでも荒れ果てている感じは,良くわかり,この荒涼とした感じがなんとも良いものであると思ったのでした。

登別地獄谷 撮影2019.8.28

登別地獄谷 登別国際観光コンベンション協会ホームページ

一方で,大湯沼と奥の湯はかなり徒歩では行くことに苦労します。道路が整備されているため,車やバイクで行く方がいいかもしれないと思いました。

大湯沼 撮影2019.8.28

大湯沼 登別国際観光コンベンション協会ホームページ

奥の湯 撮影2019.8.28

奥の湯 登別国際観光コンベンション協会

登別温泉町 撮影2019.8.28

 その後,登別温泉のバスターミナルへと戻りました。しかし,登別温泉に来て,温泉に入らないのもいかがなものかと思い,ダメ元で登別温泉バスターミナルにある観光案内所で登別温泉の日帰り温泉の値段を聞いてみることにしました。そうすると,なんと把握していたではないですか!その表を見ると,全体的に1000円程度とかなり高めではあるものの,1つだけ500円しないところがありました。それが私の入った夢元さぎり湯です。完全な室内風呂ですので,景色を楽しむことはできないですが,それでも温泉は温泉であるし,中には2種類の温泉にジャグジー,サウナ,水風呂が完備されており,ただ温泉を楽しむというだけなら申し分ないと思いました。

 その後,登別温泉バスターミナルから登別駅へと戻りました。そして,かなりこれが接続がいいのです。今回も登別駅でのバスと鉄道の接続は非常に良かったです。

東室蘭行程概略地図

旧室蘭駅舎 室蘭市ホームページ https://www.city.muroran.lg.jp/main/org6400/kyuuekisha.html

室蘭行程概略地図

 東室蘭に着いた私は,今度こそ駅から出てコインランドリーを目指した。思った以上に遠かったのです。そして,洗濯をして,とやっていたら,時刻は23:00過ぎになっておりました。急いで,ネットカフェに行ったのですが,まさかのフルフラットシートが空いていない!という事態に遭遇しました。しかし,そこで寝るしかないので,明日の計画と今日の行程の振り返りをしてから,地べたに寝転がって寝たのです。身長173㎝の私としては中々狭かったのですが。しかし,はやり中々寝られなかった。そして,あまり寝られないまま翌日を迎えることになりました。フリースタイル室蘭店自体は,やや店舗の規模としては小規模な気もしたのですが,ドリンクバー付き,ビリヤードや卓球もある一般的なネットカフェであったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました