美瑛の神秘白金青い池 北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)4日目

北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)2019年夏
美瑛地図

 美瑛駅の近くにある観光案内所のようなところのロッカーを1個300円で借りることにしました。

 私は,15:46発の美瑛駅発のバスに乗った。目指すは,白金青い池である。東北の白神山地(?)にも青い池が存在するということを中学校の同級生に聞いていたけれど,行ったことはありませんでした。今回北海道特に美瑛・富良野に行くにあたり,青い池があることを知り,今回の日程に組み込んだのです。

 美瑛駅からバスで20分程度で白金青い池前に到着。バス停は,青い池の目の前であり,かなりいい場所にあると思いました(ただし,バスの本数が一日一桁台であることが問題であると思いますが)。また,その目の前に,駐輪場,駐車場が完備されており,車やバイクで訪問する際も,かなり便利であると思われました。

 そして,青い池を見学します。私は,思っていたより青くなかったと思ったし,またこの前々日には天候がよくなかったためか,波が若干立っており,あまり条件は良くなかったように思われます。

 あとで調べたところ,青い池は早朝に来ると,波もたっておらずよいということでした。次来るときは,バイクで来て,早起きをして来ようと思いました。なお,青い池の近くにある売店は,営業時間は存在するものの,青い池は24時間いつでも立ち入れるようです。

青い池 撮影2019.8.30

青い池 https://www.biei-hokkaido.jp/ja/sightseeing/shirogane-blue-pond/

 どうしてこういう状態になっているかといえば,上流のためです。

青い池にある説明書き 撮影2019.8.29

 上流の白金温泉地区にある白髭の滝などからアルミニウムを含んだ水が美瑛川の水と混ざることにより,コロイドが生成されます。コロイドとは,ろ紙を通過する程度の大きさの微粒子が液体中に浮遊している状態です。そして,コロイドが太陽光と衝突することによって,波長の短い青い光が散乱されることによって青くなるようです。

白髭の滝 撮影2019.8.30

 つまり,青い池が青いのではなく,白金温泉の水が青くなりうる性質を持っているがゆえに,それが十勝岳の砂防施設建設の副作用として堆積した青い池が青く見えるということなのです。

青い川 美瑛川のこと 青い池の水はこの水である 撮影2019.8.30

 ここまででわかる通り,私は白髭の滝の滝にも行きました。

 上記の地図で分かる通り,青い池から白髭の滝の滝に行くには,白樺街道というのをひたすらまっすぐいく必要があります。雰囲気はいいですが遠いので,バイクや車で行くことをお勧めします。

白樺街道 撮影2019.8.30

 その途中で少しわき道に入ると,不動の滝というものが見えます。どうやら,不動明王から名前をとったようです。滝の傾斜は小さいですが,自然の中にあり,かつ近くで滝を見ることができるので,私は好きです。

不動の滝 撮影2019.8.30

 美瑛地区では,確かに青い池が非常に人気ですが,それだけではなりません。それに関連するものとしていろいろありますから,レンタカーやレンタサイクル,レンタルバイクを使っていろいろ回るのがよいと思います。もう少し行くと,十勝岳展望台などもあり,私はそこにも行きたかったですが,交通の都合で行くことができなかったので,今度行ってみたいと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました