北海道周回貧乏周回旅行(鉄道の旅)11日目

北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)2019年夏

2019.9.6

<行程>

7:15 宿発

8:00 ツアー出発(釧路駅前バスターミナル出発)

 9:55-10:25 摩周湖

 10:55-11:25 硫黄山

 11:30-11:55 屈斜路湖

 13:05-15:05 阿寒湖温泉

16:40 釧路駅前バスターミナル

18:56 釧路

↓根室本線(花咲線)普通根室行き

21:39 根室

民宿たかの泊

<収支>

(朝食代 △105)

三湖バスツアー △4600

昼食代 △236

水 △110

洗濯・乾燥代 △450

夕食代・飲料代 △244

宿泊費 △4000

小計 △9640 累計 △132036 実質 △13745

この日の行程は,まず釧路駅前のバスターミナルから摩周湖,阿寒湖,屈斜路湖方面のツアーに参加したのち,花咲線で根室へと向かい,根室の民宿に泊まります。

 釧路駅に行き,阿寒バスのツアーに参加します。このツアーは予約が必要です。バスへと乗り込み,8:00にバスは出発しました。

阿寒バス 定期観光バス  http://www.akanbus.co.jp/sightse/

 ガイドさんの案内を聞きながら,摩周湖に到着しました。

 摩周湖は,非常に透明度が高い湖といわれていますが,一般人はその近くまで行くことは禁止されており,近くにある3つの展望台のどれかから見ることになります。私が参加したツアーが行ったのは,第1展望台であったと記憶しています。近くからではないので,詳しいことはわかりませんが,とても透明度が高いようであると認められました。

摩周湖  https://www.masyuko.or.jp/introduce/mashu/

摩周湖にて 撮影2019.9.6
阿寒湖第1展望台にいるシマリス 撮影2019.9.6

 また,この展望台には売店があるのですが,そこの売店の人が餌付けをしているらしく,シマリスが展望台の辺りをうろちょろしているので,それもとてもかわいらしく思えました。

 次に,硫黄山に行きました。ここは,かつて硫黄も産出していました。近くには,川湯温泉もあり,火山活動が活発であることがわかります。登別の地獄谷ほどの規模はありませんが,蒸気が至る所に出てきており,その近くまで硫黄山では近づくことが可能です。

硫黄山  https://www.masyuko.or.jp/introduce/iouzan/

硫黄山にて 撮影2019.9.6

 次に屈斜路湖に行きました。屈斜路湖は温水が湧いてくるということとネッシーが出たという言い伝えがあることで非常に有名ですが,どちらも私には本当か確認はできませんでした。ネッシーの話はとにかくとして,温水のほうもこの日は天気が非常に良かったので,温水が出てきているのか,水が太陽光で温められたのか分からなかったからです。

屈斜路湖  https://www.masyuko.or.jp/introduce/kussharoko/

屈斜路湖にて 撮影2019.9.6

 最後に阿寒湖温泉に行きました。阿寒湖といえば,まりもが有名です。阿寒湖汽船に乗れば、中之島に行って,まりもの詳しい生態などを見ることが可能であったようですが,お金がなかったので,湖畔にあったエコミュージアムセンターで見ることにしました。

阿寒湖  http://ja.kushiro-lakeakan.com/pamphlet/area/area_akanko/

まりも 撮影2019.9.6

 ここでは,まりもに限らず阿寒湖に生息する生態等についての展示・説明がありました。阿寒湖中学校では,まりもを観察する授業があるということもきき,大変驚きました。

 そして,阿寒湖を自由散策したのち,釧路駅まで戻りました。

 釧路駅まで戻ったのち,乗る汽車がやってくるまで洗濯等を行い,そのまま花咲線に乗車。釧路と根室というのは想定以上離れていたので,とても疲れました。しかも,夜で日が暮れていたのも関係あったかもしれません。

根室駅 撮影2019.9.6,7

 そして,22:00頃に民宿たかのに到着しました。

・とてもきれい

・風呂,トイレ,洗濯機は共同ですが,きちんとしたものがありました。

・食堂のようなものがあったので,頼めば出してもらえるのかも知れません。

4000円と今まで泊まってきた宿の中では高めでしたが,それでも十分すぎるほどの設備でした。

民宿たかの  http://www.minsyuku-takano.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました