北海道周回貧乏周回旅行(鉄道の旅) 13日目

北海道貧乏周回旅行(鉄道の旅)2019年夏

2019.9.8

<行程>

8:00 出発

8:30 帯広駅前バスターミナル ツアー出発

 9:10頃―9:55頃 十勝ガールズ農場

 10:25頃―10:40頃 思いやりファーム

 10:50頃―11:10頃 六’cafe

11:50頃 帯広駅前バスターミナル

12:57 帯広

↓スーパーおおぞら6号札幌行き

15:41 札幌

北海道大学札幌キャンパス,ラーメン屋「空」

19:35 札幌

↓快速エアポート194号 新千歳空港行き

20:04 千歳

Air Hostel LCC泊

<収支>

バス(十勝ツアー) △3,500

お菓子(六’cafe) △170

夕食代 △1,150

宿泊費 △2,600

小計 △7,420 実質 △11,420 累計 △147,192

帯広駅周辺地図

 この日の行程は,まずはツアーに参加し,生乳を飲んだり,六花亭を食べたりするというところまでは決定しておりました。そのあとは,その場で割といい時間に札幌行きの特急があることがわかり,札幌には今回の旅の中では,乗り換えで少し改札外に出た後であったので,札幌まで行くことにしました(北海道フリーパスの元を取るためというのもあります)。

十勝地方広域地図

 まずは,帯広駅前のバスターミナルへと向かいます。予め十勝バスへと連絡をして,ツアーを行うことをお願いしますが,参加券は当日に購入することになります。このツアーは,午前と午後に分かれていますが,多くの参加者は通しで参加しました(この日も午前だけの参加は私だけでした)。午後も参加する人たちは,ホテルで昼食を摂ります。

十勝バス  https://www.tokachibus.jp/kankou/

十勝ツアー 撮影2019.9.7

 帯広駅前バスターミナル到着後,私は帯広駅へと向かいました。そこで,間もなくスーパーおおぞら札幌行きがあることわかると,軽食と指定席券を用意したのち,これに乗車しました。車内の混雑率は,まあまあという感じでした。

 途中列車の遅れはありましたが,札幌駅には定刻で到着しました。

札幌駅周辺地図

 札幌駅に到着はしたものの,やることは決めていませんでした。とりあえず駅に近い北海道大学に行くことにしました。北海道大学札幌キャンパ スは,札幌駅から徒歩5分程度のところにあるにも関わらず,水産学部以外のすべての学部がここに集約されているというから驚きです。キャンパスを歩いてみたり,図書館に入ってみたり,博物館を全部は観光できませんでしたが,できるところはしたりして,札幌駅に戻ってきました。 https://www.hokudai.ac.jp/

 宿は,千歳に取ってあったので,そこまで戻らなくてはいけません。

 とは言っても,戻る前に札幌といえば,札幌ラーメンを食べないわけにはいきません。そこで,私は札幌駅の中の観光案内所に行き,ESTAにラーメン共和国があるというのを聞いたので,そこでラーメンを食べることにしました。

 どうしてすすきのに行かなかったのかと思われる方は,全くその通りなのですが,私は当時未成年であったため,呑み屋が乱立する繁華街には,繰りだしにくかったのです。

 ラーメン共和国では,札幌ラーメンのほかにも北海道各地のラーメン店がありましたが,私は札幌ラーメンの「空」というお店に入りました。濃厚なスープとバターがとてもあっていて,おいしかったことを記憶しています。

ラーメン共和国 http://www.sapporo-esta.jp/ramen

札幌らーめん 撮影2019.9.7

 そして,千歳駅までは快速エアポートのUシートで帰りました。Uシートとは,JR西日本のAシートのようなもので(JR東日本の普通列車グリーン車よりは,Aシートのほうが近いように思います),特別車両権を駅で購入し,乗り込みます。座席は指定です。空港アクセス線であるので,大きな荷物を載せる棚もありました。

 Uシートについては,翌日特急すずらん号のUシートにも乗車しますが,正直,かなり良かったと思います。特に,特急すずらんの運用に入る,789系のUシートは素晴らしかったです。座席のかけ心地もよく,リクライニングもついていましたし,テーブルもついています。足を思いっきり延ばすことはできませんが,いろいろと作業をしながら行くのには,とてもよかったように思います。コンセントがついていたかどうかは記憶にありません。

JR北海道  https://www.jrhokkaido.co.jp/train/

 この夜は,千歳駅から徒歩10分程度のところにある,Air Hosetel LCCさんにお世話になりました。フロントの方が外国の方でした。ドミトリー形式とは言え,個室もありますし,部屋にユニットバスも着いています。これで,2600円であれば,大満足です。朝は,共用のキッチンで,冷蔵庫等から食材を取り出した朝ご飯を作ることができます。調理器具も共用ですが,あります。お客さんは,外国人が多い印象でした。

Air Hostel LCC  https://airport-hostel-lcc.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました