E4系新幹線乗車レビュ―

交通手段レビュー

こんにちは,今回はE4系新幹線の乗車レビュ―をしていきたいと思います。よろしくお願いします。私は,このブログの記事にもした春先の東北(日本海側)を巡る旅の最終日に乗車しました。乗車区間は新潟から大宮の間(Maxとき316号東京行き,10:19新潟→12:02宮)です。自由席に乗車しました。

この日のブログ  https://wsbgreenblog.com/2020/03/09/20/26/38/

この日の行程

<目次>

  1. E4系新幹線とは?
  2. 乗車レビュ―
  3. 個人的に気になったことなど
  1. E4系新幹線とは? 

E4系新幹線(JR東日本公式HP) https://www.jreast.co.jp/train/shinkan/e4.html

E4系新幹線(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9AE4%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

E4系新幹線をご存じでしょうか。Max号という愛称の方がわかりやすいかもしれません。E4系新幹線とは,現存する新幹線車両(北海道,東北,上越,北陸,東海道,山陽,九州)の中で唯一の2階建て車両です。8両編成です。E4系新幹線が営業運転を開始したのは,1997年のこと(ちなみに私の生まれるよりも前の話です)。目的としては,増え続ける通勤需要を補うためです。そのため,E1系新幹線(引退済み)と同様の2階建てとなったようです。また,E4系新幹線は多くの人が着席することができる仕組みになっています。

E4系新幹線 撮影2020.3.3

E1系新幹線(wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9AE1%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

 という経緯で誕生したE4系新幹線ですが,そろそろ引退が迫っていると思われていました。それは,どうしてかといえば,都市回帰現象や人口減少等の影響で通勤需要が減少しており,お盆や年末年始等の超繫忙期以外はE4系新幹線では,輸送力が過剰になってしまっている状態があるからです。

しかし,2019年の10月に発生した豪雨災害によって,北陸新幹線の長野車両センターが水没した結果,最新のE7系新幹線10編成程度が水没,廃棄されるということが発生しました。これにより,E7系新幹線の増備までの時間がかかると推測され,これによりE4系新幹線もまだしばらくは現役となるだろう,と予想されています。

※E7系新幹線は北陸,上越新幹線の車両を全て置き換えると思われています。

行先表示 撮影2020.3.3
  • 乗車レビュ―

<車内設備>

  • 普通車自由席(2階部分)

・基本的には3+3の座席配置

・リクライニングはしない

・テーブルあり

・足元の空洞あり

・シートピッチは一般的な普通車と同じです。

・コンセントなし

・Wi-Fiなし

  • 普通車指定席(1階部分)

・3+2の座席配置

・リクライニングはしない

・テーブルあり

・足元の空洞あり

・シートピッチは一般的な普通車と同じです。

・コンセントなし

・Wi-Fiなし

  • グリーン車

・2+2の座席配置

・リクライニングあり

・テーブルあり

・足元の空洞あり

・枕あり

・レッグレストあり

・Wi-Fiなし

全体的に車椅子対応がなされている印象がありました。

普通車2階席の足元 撮影2020.3.3

座席は,私が乗車した普通車自由席は,枕もなく,リクライニングがしませんが,予め多少傾いていて,その傾き具合が私の感覚では非常に良かったと思っています。枕がないことに関しては,普通車では基本的にそうですから,特に問題ともならないと思います。

普通車2階席のテーブル 撮影2020.3.3

車内販売は,私が乗車したMaxとき号には終点東京までありました。途中高崎でMaxたにがわ号と連結したのですが,そちらには車内販売はなかったようです。

<乗り心地>

新潟駅の駅名標 撮影2020.3.3

乗り心地は,非常に良かったと思います。上越新幹線に乗るのが私にとって初めてでしたので,他の車両との比較ができないのですが,あまり揺れなかった印象があります。最高速度が240㎞で,320㎞(東北新幹線)や285㎞(東海道新幹線)に比べると遅く,その結果,揺れが少なかったのかもしれません。

そして,滑り出すような発進です。新潟駅を出発する時,「おっ!」と思いましたね。

新潟駅出発時の進行方向向かって右側の車窓 撮影2020.3.3

<その他>

・走行について

ほぼ全駅に停車していくタイプだったので,かなり時間がかかりました。そして,あまり新幹線という速達列車としての性格を感じられない列車であったようにも思います。しかし,上越新幹線は多くがこういうもののようですね。私は,今までの人生で,東京―名古屋,東京―仙台で新幹線に乗ることが多かったので,それに比べるとなんだか遅いように思えました。

・景色等

新潟県内の雪国独特のどんよりとした冬の風景 撮影2020.3.3

景色は非常に良かったです。個人的には,海よりも断然山の方が好きなので,山がちのところを走行していくのは,かなり爽快でした。ただ,その結果,上越国境などでトンネルが多く,そのたびに耳がキーンとなるのが若干辛いかもしれません。私は今回大丈夫でした。

上越国境と思われる風景 撮影2020.3.3

乗車したのが3月3日でしたが,越後湯沢の辺りを除いては,ほとんど雪はなく,スプリンクラー等の消雪設備はその本領を発揮しませんでした。

関東平野の冬晴れ 撮影2020.3.3
Maxとき号から見る富士山 撮影2020.3.3

・混雑率

自由席の私が乗った2階車両は,全体の3~4割程度の座席が埋まっているという感じです,つまり窓際が全部埋まっていて,若干他の席も埋まっているという感じです。

乗車パターンとしては,一番多いのは,新潟からの乗車でしたが,途中の燕三条や越後湯沢等,途中駅からもぽつりぽつりと乗車する人がいました。また,降車する人は,長距離で乗る人が多かったですが,短距離,例えば新潟県内での乗車もありました。

・連結について

E4系の連結 撮影2020.3.3 於大宮駅

上述の通り,高崎でMaxたにがわ号と連結します。予め,Maxたにがわ号が入線しており,そこに到着したMaxとき号が連結します。3回くらい停車しますが,最終的に連結する時の衝撃はかなりありました。寝ていたら,起きるくらいだと思います。高崎でお降りの方は,手すりに掴まっていたほうがいいと思います。

  • 個人的に気になったことなど

最後に,これまでのところと被る部分もあると思いますが,最後乗車して気になったところ(いいところも悪いところも)をまとめていきたいと思います。

高崎駅前にある北陸新幹線の高架橋 撮影2020.3.3

総括すると,素晴らしい新幹線だと思います。リクライニングなし,3+3の座席配置等詰め込み仕様になっていますが,座席が狭いという感覚は特に持ちませんでしたし,リクライニングもいつも私が倒すくらいの感じだったので,不都合であるとは思いませんでした。また,乗車したのが2階席だったからかもしれませんが,乗り心地もとてもよく,滑り出すような発進と横揺れが少ないカープ走行がなされていたと思います。最高速度が速くないせいかもしれませんが。そして,これによることなのか,トンネル進入時の耳抜きにも特に苦労しませんでした。景色も上越国境の辺りの雪国の景色から,そこを抜けた関東平野の景色,遠くには富士山も見える他,山がちなきれいな自然の間を走っていく感じがして,車窓にも飽きませんでした。ちなみに,個人的に新幹線の顔の中で,なんか一番かわいらしい顔をしているのがE4系新幹線だと思います。

気になった点としては,上越新幹線である以上仕方がないかもしれませんが,速達タイプの列車があるといいと思いました。実際に超速達列車が臨時列車として走るということも聞いたことはあるのですが,定期便としてもあるといいな,そういうものに乗ってみたいなと思いました。私はそれほど気になりませんでしたが,コンセントがあると,ビジネス需要のことを考えると,よいのかもしれません。Wi-Fiはあると助かりました。

まとめると,この素晴らしい新幹線は残って欲しいと思います。しかし,現実の問題として輸送力の過剰さやコンセントなし+Wi-Fiなしのビジネス需要には向かないということもあります。臨時列車として走っているといい塩梅なのではないかと思いました。ただ,何分,もう車体の老朽化が進行しているので,限界があるとは思いますが。

あまり生い先長くはないと思われるE4系新幹線。それは,経済成長によって遠方から通わなければならなくなった日本のビジネスマンを救うために開発された,超詰め込み仕様の新幹線車両。しかし,その中でもリクライニングの角度などで優しさが見られ,顔がかわいらしい車両でした。それでも,老朽化に耐えられずおそらく近い将来なくなると思われるE4系新幹線。その雄姿を今のうちに,見ていって頂きたいと思いますし,私もこれからもできるだけ見たいと思います。新潟,高崎,東京に用事がある方は,E2系やE7系もいいですが,Max号を使ってみては?

大宮駅名標 撮影2020.3.3

E2系新幹線(JR東日本) https://www.jreast.co.jp/train/shinkan/e2.html

E7系新幹線(JR東日本) https://www.jreast.co.jp/train/shinkan/e7.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました