超立派な庭園・ファーム富田レビュー 

北海道

<目次>

  1. ファーム富田の概要
  2. ファーム富田の感想と 四季彩の丘との比較
  1. ファーム富田の概要

夏のノロッコ号が運転されているときは,臨時駅であるラベンダー畑駅に停車いたしますので,この駅からは徒歩5分程度で到着できます。この駅で降りないと,この両隣の駅から公共交通機関で移動するのは,困難です。

JR北海道HP  https://www.jrhokkaido.co.jp/train//tr027_01.html

富良野・美瑛ノロッコ号についての記事 

ファーム富田公式サイト  https://www.farm-tomita.co.jp/

googlemaps  https://www.google.com/maps/place/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%AF%8C%E7%94%B0/@43.4167464,142.4285354,17z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xb76dcf0287606d92!8m2!3d43.4182492!4d142.4280406

住所: 北海道空知郡中富良野町基線北15号

TEL: 0167 39 3939

営業時間:花畑,駐車場は24時間開放(駐車場での寝泊まりは禁止)各売店の営業時間はこちら(公式HP)  https://www.farm-tomita.co.jp/farm/facility_map.asp

中富良野町HP  http://www.town.nakafurano.lg.jp/hotnews/detail/00000195.html

2.ファーム富田の感想と四季彩の丘との比較

私は,この日,美馬牛にある四季彩の丘も行ってきました。この2つは,花の景観を楽しむという点でかなり似たものであると思われます。結論から申し上げますと,双方それぞれの楽しみ方があるのですが,この2つについての比較をしていきたいと思っております。

四季彩の丘  https://www.shikisainooka.jp/

私のブログ(日本語版) https://wsbgreenblog.com/2020/03/30/23/44/39/

My blog page in English https://wsbgreenblog.com/2020/04/02/13/00/51/

四季彩の丘は,花畑というイメージがぴったりであると思われます。一応四季彩の丘という場所があるのですが,敷地面積があまりにも広大であることと傾斜があることなどから,そのようなことを忘れてしまい,景色の1つであると思ってしまうような雄大な景色が楽しめます。冬になると,ウインタースポーツを楽しめるらしいのですが,私は存じ上げません。アトラクションや売店等もあるのですが,それが片隅にギュッと寄せられている結果,花畑の広がりが楽しめるのだと思います。

四季彩の丘 撮影2019.9.5

ファーム富田(公式HP)花畑紹介  https://www.farm-tomita.co.jp/farm/flower_map.asp

一方で,ファーム富田にはガーデンという雰囲気があります。敷地が広いのは間違いないのですが,建物が近くにあることや,花との距離が近いことなどから,旧家の立派な西洋風の屋敷に来て,その立派な庭園を見ているかのような意識になります。また,景色の奥には十勝山脈と思われる山々がそびえているのも,いいです。田村ファームは,その名の通り,農家の花畑を一般開放し,観光用に拵えているようで,ラベンダーも旬を過ぎると比較的すぐに刈り取って,このファームの中にある機会によって,そのエキスや成分を搾り取り,加工されるようです。売店では,そのようにして作られた化粧品等が販売されています。また,売店もかなりあり,そこでは,じゃがバターやアイスクリーム等を食べることができます(四季彩の丘にも飲食店はあります)。

大雑把に言ってしまえば,広大な花畑である四季彩の丘と立派なガーデンである田村ファームという印象に収束するように思われます。どちらも素晴らしい景色が見られるのは間違いないですが,個人的には,四季彩の丘の方が雄大であり,良いと思いました。これは,完全な個人の好みです。時間があるのであれば,両方行かれるのがよいと思われます。都会や本州では中々見ることができないであろう景色が見られるのは間違いないと思います。

ラベンターオイルについての展示 撮影2019.9.5

ちなみに,ファーム富田は,ラベンター畑の刈り取り等を行っているということで,その工程についての展示や写真館のようなものもある他,製品となったラベンター(例えば,じゃがバターであったり,香水であったり)の販売も行っています。

じゃがバター

コメント

タイトルとURLをコピーしました