盛岡冷麺とじゃじゃ麺を食べる年末年始東北弾丸ツアー  2日目後編 2018―2019

年末年始東北弾丸一周旅行 2018‐2019

前編はこちら https://wsbgreenblog.com/2020/05/16/18/24/32/1278/

釜石と盛を往復した後,釜石線と東北本線を通り,盛岡に到着しました。

盛岡に到着しました。盛岡といえば,三大麺ですよね!盛岡三大麺とは,

・わんこそば

・じゃじゃ麺

・盛岡冷麵

です。

乗換時間が1時間弱ありましたから,盛岡駅の地下街にあった,じゃじゃ麺と冷麺のお店をはしごしました。隣り合っていたので,簡単にはしごしました。(写真は例の如くありません…)

個人的には,じゃじゃ麺がかなり癖になる味でした。あの独特な味が病みつきになると思います。冷麺は,夏に食べると,感想が変わるかもしれません。

盛岡からは,青森方面に乗り換えようと思ったのですが,

IGRは18きっぷが使えない!!!

という事情に遭遇しました。

※IGR=岩手銀河鉄道のことです。

※かつて東北本線は,東京を起点として青森まで続いていましたが,東北本線の八戸,新青森延伸に伴って,延伸区間と並行する東北本線が第三セクターになりました。その第三セクターが,青森側が青い森鉄道,岩手側がIGRということです。簡単にいえば,JRの路線ではなくなったということです。

※第三セクターとは,第一セクター(公企業),第2セクター(私企業)とは異なる経営形態という意味が原義ですが,特に非営利団体と,第1セクターと第2セクターの共同出資を指します。鉄道においては,後者を指します。

第三セクター(wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

第三セクター鉄道(wikipedia)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%89%84%E9%81%93

※整備新幹線というものがあり,これは全国新幹線鉄道整備法(昭和45年)に基づいて,全国に新幹線網を張り巡らせようということ,及びそのようにして整備された又はされる予定である新幹線のことを言います。具体的には,東北新幹線(盛岡~新青森),北海道新幹線(新青森~札幌),九州新幹線(博多~鹿児島中央,長崎)等があります。この整備新幹線については,それと平行する在来線区間(大抵これが存在します)はJRの判断によって,第三セクター鉄道にするということが可能です。物凄く簡単にいえば,整備新幹線と平行する在来線が儲かる場合には,JR線として残留し,儲からない場合には,第三セクター鉄道になります。

整備新幹線(wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B4%E5%82%99%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A

今回の旅行に当たり何も下調べをしていなかったことに加え,生まれが東北ではない私は,東北本線は青森まで伸びていると思っていたのです。また,第三セクターになったところでも,通過特例があるところばかりを旅行していたので,知らなかったのです。

IGRの改札に行ってか気づき,色々なルートを考えましたが,この時点で下北に宿をとってあったので,下北に必ず行かなければならなかったのですが,この時点で時刻は18;00過ぎ,IGRに乗るほかなく,渋々IGRの切符を買いました。

不幸中の幸いは,青森県側の青い森鉄道は通過特例が適用されていたことです。

青い森鉄道も18きっぷで抜けられなくなっていたら,発狂していたでしょう。やけくそになって,新幹線に乗っていたかもしれません。

IGR全線の切符を購入し,普通列車に乗車しました。途中で八戸で乗り換えました。

後からわかったのですが,どうやらIGRは車両を自社で持っていないとか。青い森鉄道が全列車について直通してきていると聞きました。それが真だとしたら,そのために私は3000円少しの運賃を払ったのか,と思うとなんだかムカついてきました。

そして,野辺地で大湊線の最終列車に乗り換えました。

この列車で,終点大湊の1つ手前,下北駅まで移動します。

下北駅に到着しました。ここで私は2つ驚きました。

まず,下北駅の駅舎のきれいさです。駅舎が非常にきれいであり,驚きました。

次に,雪が非常に多いことに驚きました。私は,下北駅から歩いて20~30分程度のところにあるホテルを取ったのですが,路面はつるつる滑っており,正直,自分の選択を後悔しました。

ホテルは,ユニサイトむつに宿泊しました。朝食も無料で付いてきて,しかも朝食がバイキング形式で充実していてありがたかったです。また,夜遅めのチェックインにも対応していただきました。

ユニサイトむつ http://www.unisite.co.jp/mutsu/index.html

翌日は,大晦日ですが,下北からぐるっと,陸奥湾を周り,弘前まで行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました