新大学生へ【メンズ向け】 私服の管理について ~生活全体で判断せよ!~

大学生活

こんにちは,新入生の方は,コロナで大変な日々を過ごしておいでだと思います。

私は今大学3年生ですが,今年新しく大学生や高専生等になられた方に,私服の管理の仕方について話したいと思います。

大学生や高専生などになると,制服の指定がなくなり,私服で学校に行くようになると思います。尤も,自分で勝手に特定の衣服を指定して,それを毎日着ていくということでもいいですが,あまりそうする人はいないと思います。

そうすると,多くの私服が必要であると思い,多くの服を一回購入する人がいるかもしれませんが,これは大抵の場合,悪手であると思います。

・そもそも私服が多く必要か。

そもそも私服が多めにする必要があるのか,という問題があります。

余程私服に着替えることが無く,私服を持っていない人,具体的には,2,3セットしか持っていないような人でない限りは,私服を買い足す必要があるとは思えません。

理由は3つです。

まず,容量の問題です。

一人暮らしの方でも,実家暮らしの方でも,服を入れるタンスの容量は限られているかと思います。

特に,一人暮らしの大学生の場合(私もそうですが),ワンルームのアパートに住むことが多いと思いますが,そうすると,かなりスペースが限られてきます。そうすると,あまり多くの服を置くことができないのが実情だと思います。

次に,アレコレ服を変えないと,洋服が覚えられるということは無いからです

よく人の服を記憶していないということ主張がされます。しかし,これは直感に反するという人が多いのではないか,と思います。これについては,私も同感です。あの人はこういうイメージ,雰囲気の服を着ているというのは記憶されているものです。

しかし,このような,この人はこういう雰囲気の服を着ているというのは,その人の服の選び方等から出てくるものであると思われます。

つまり,服が覚えられるのは,たいていの場合,何か特定の服を着まわしているからではなく,同じような服を着ていたり,自分の選び方の一貫していたりすることによるものであると思われます。

となれば,遅かれ早かれ,あの人の服の傾向はこういうものであるという記憶が知り合いや友達の中で形成されることになりますから,あまり気にすべきことではないということになります。

ここで,このような疑問を持たれる方がいらっしゃる方がいるかもしれません。

それは,好きな服を多く着ていく場合,或いは同じ服のコーディネートを着ていくことが多い場合,記憶されることがあるのではないか。ということです。

これについては,そのようなことがあるのは事実でしょう。しかし,このことについて,マイナスの方向に捉える必要はありません。

このようなことについては,大抵の場合,その服が好きなんだ,とかそのような趣向の話で片付けられるだけであり,また大学生において,そのようなことが起こりがちであるということは,自身も大学生である以上,理解していますから,そのことで苛めるようなことは,少なくともないと思われますし,それに関して,負の印象を持たれることもない,と私の経験則からは言うことができます。

・多くの服を一度に買う必要があるか。

服の絶対数が不足している場合であっても,多くの服を購入することは,あまり得策であるとは言えません。特に,これは大学に入るまでに,私服をあまり着てこなかった人に言えることです。

人間の好き嫌いは,変わるものであって,その時の好みが次のフェーズにおいて,嫌いになることもあり得ます。とすれば,一度に多くの服を買うよりも,少しずつ買い足していったほうがいいと思います。

勿論,圧倒的に不足している場合は話は別ですよ。

また,割引品であっても,注意する必要があります。割引品が自分の趣向にあっていればいいかもしれませんが,そうではない場合,例えば割引品であるということのみ,或いは趣向以外の判断基準によって,購入を決めるのは危険です。

これは,服に限った話ではありませんが,割引品であるとかそういう理由のみで,特に欲しくもないものを購入することは,主観の上では節約かもしれませんが,実質的には,無駄遣いに過ぎないからです。

このように考えれば,ある程度服がある状態では,少々高くても,本当に気に入っていて,且つその汎用性が高いものを買うべきであると思われます。

一部の例外を除き,大学生というのは金銭的に余裕がない状態であると思われますので,自分なりにどこにお金をかけるのかを考える必要があります。

・とはいえ,ある程度服の量は必要

しかし,ある程度の服は必要です。

例えば,極端な例として,自分の服が1着しかない場合を考えましょう。これでは,毎日同じ服を着ていくしかなく,洗濯ができません。おそらく2着でも同じようなことが言えるでしょう。

大学生は,時間があると思われがち(実際にそんな人もいますが)ですが,ある程度忙しいものです。とすれば,ある程度時間の使い方,そしてお金の使い方を考える必要があります。

一人暮らしの大学生の場合,洗濯は自分で当然やらなければいけません。

その時に,毎日洗濯するのと,ある程度(2~3日)溜めてから選択したほうが,お金,時間共に節約できます。

時間に関しては,洗濯を回す時間,乾燥機付き洗濯機等の高級品を持っている大学生は少ないでしょうから,干して,畳む時間がそれぞれ必要です。この時間は,実際にやってみるわかりますが,1日分×3日よりも,3日分一度の方が早く済むと思います。

また,お金の面についても,同様のことがあります。洗濯も唯でできるわけではありません。水道代,洗剤,柔軟剤のお金が必要になります。これについても,洗濯1日分と3日分では,その差は1.5倍くらいであり,圧倒的に3日分一度にやった方がお得です。

このようなことを考えると,少なくとも,4日分(2日×2)くらいの服を冬服と夏服で持っておかなければいけません。

特に,下着は多めに持っておくべきです。夏場に下着だけ変えたいときがあるかもしれませんし,逆に冬場であれば,下着だけ変えて同じ服を2日着ることも可能である場合もあります。

・買い替えの必要性

ここまでは,服の量の話をしてきましたが,質の話に目をむけましょう。このような人がいるかもしれません。

中学校,高校では体操服,部活の服,制服ばかりを着ており,私服が小学校や中学校で泊まっている

このような場合もあり得ます。大学生となると,やはりある程度大人なファッションが求められます。これに関しては,周りから白い目で見られる可能性もあります。

もしそうした状況にある人は,ユニクロやGUといったローエンドモデルでかまいませんから,シンプルで落ち着いた,やや大人な(大人というのは,セクシーとかそういう意味ではありません)服を購入しましょう(外出自粛で大変かもしれませんが)。

大学生が貧しいのはわかっていますから,ブランドとかそういうことはあまり気にしないと思います(少なくとも私の周りはそうです)。ですから,見た目さえしっかり知っていればいいのです。

とはいえ,対他人との関係ではそれでいいですが,管理するのはご自身ですから,当然,扱いやすさや持ち等も考慮する必要はありますよ。

<まとめ>

大学デビューに,特に苦しい受験を乗り越えられた国立大学生の方は,胸を躍らせるかもしれませんが,所詮大学です。よくも悪くもそれだけの話です。通常であれば,そのような心持ちにGW明けには落ち着きます。そのために,1年生の最初という最もお金がない時期に,お金を使う必要はありません。

重要なのは,自分の生活全体と自分の趣味,趣向を考えて,どこにお金を使うかを見極めることです。勿論,ファッションや見た目にお金を掛けたいという方は,そこにお金を掛けることがベストチョイスということになるでしょう。

しかし,私のように,他にやりたいことが山ほどあり(私の場合は,旅行等ですが),でも人にはあまり悪くは思われたくないと考える人は,このような視点から,自分の生活,ファッションを見てみてはいかがでしょうか。

コロナウイルスで大変な時期を過ごされ,ようやく光が見え始めた頃かと思いますが,少しでもお役に立てれば,幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました