【どうやってもらう?】【何をしなきゃいけない?】民間給付型奨学金の貰い方

大学生活

こんにちは

このような状態で,家計が圧迫され,奨学金をもらおうと考えている,大学院生,学部生,高校3年生はいらっしゃると思います。

奨学金には,給付型奨学金と貸与型奨学金がありますが,貸与型には,無利子型と有利子型があります。

このなかで,もらえるならば,給付型奨学金をもらいたいと思われるのではないでしょうか。

私は,詳細は明かしませんが,給付型奨学金と給付貸与併用型奨学金を1つずつもらっています。

給付型奨学金には,どのようなものがあり,もらうためにはどのようなことをしなければいけないのか,そしてどのようなことを支給後やらなければいけないのか,説明していきます。

  1. 奨学金について
  2. 実体験
  3. 奨学金の例
  4. その他の方法

1.奨学金の詳細

 1.1 奨学金の援助の概要

奨学金には,給付型と貸与型があります。

給付型は,奨学金のお金がそのまま自分のお金になり,返済不要です。

貸与型は,奨学金のお金を借りるので,返す必要があります。

言い換えれば,借金するともいえるかもしれません。

ただ,貸与型には2つの種類があります。借りた元金さえ返せばよい無利子型と,元金に加えて利子も返す必要がある有利子型です。奨学金はその性質上,利率は低めに設定されているようですが,それでも利子がそれなりにあるのは事実です。

 奨学金と聞いてよく知られているのは,日本学生支援機構奨学金(JASSO)です。この制度は,国が間接的に支援しているため,幅広い支援が見込まれます。しかし,奨学金団体は別にこれだけであるわけではありません。

よくあるのは,大企業が奨学金団体を設けている場合です。コカ・コーラやセブンイレブン等は独自の奨学金団体を持っています。その他にも,地域の企業がその地域出身又はその地域の大学に通う学生に対して援助を行う場合,学問別に援助を行うものもあります。

 奨学金の援助開始時期にもさまざまあります。

一番早いのは,大学入学時から援助が開始される場合です。これには,高校生のうちに予約の申し込みをするパターンと大学入学後に申し込みをし,決定するまでの間については遡って援助をするというものがあります。

そのほかのものとしては,学部在学中並びに大学院進学後に申し込むタイプのものもあります。一般的には,援助単価(年額や月額など)は,早い時期からもらえばもらうほど低い傾向にあり,後から短期的に援助を受ける場合については,単価が高くなる傾向があります。

 また,学部在学中にもらっていた奨学金を大学院進学も継続してもらえる場合もあります。

 そのほかには,留学などの特定の用途に応じて,もらえる奨学金もあります。

 1.2 奨学金の審査について

 申し込みは,自分で直接申し込むものと高校や大学を通じて申し込むものがあります。

私の感覚からすると,高校や大学を通じて申し込むものの方が一般的に採用されやすいように思われます。ものにもよりますが,大学や高校が枠を持っている場合もあります。これは入試における推薦入試と同じように,学内や校内での選考に通れば,ほぼ確実にもらえます。 

審査の内容は,高校や大学においての成績と面接はほぼあり,そのほかに課題文や自己推薦文,他己推薦文が課される場合もよくあります。基本的には,推薦入試やAO入試等と同じように(私は受けたことがないのでよくわかりませんが),1次試験は課題文や自己推薦書等の文書及び成績により判断され,その後に2次試験で面接という形が一般的です。

1.3 奨学生になったら

奨学生になると,定期的に(大体は,半年から1年の単位ですが)レポート等を提出する必要あります。提出物は,生活・学習等の状況を書いたものや普段の生活について書いたもの,後は成績や在学の証明書になります。これを出さないと,奨学金の停止や最悪,奨学生資格が剥奪されます。団体によって,更に人によっては,奨学金団体主催の奨学生同士の懇親会に参加することが必要です。

2.私自身の経験

 2.1 高校時代―高校に募集が来ることがある。

私は,高校の中では自慢ではないですが,かなり上位でした(この理由は,高校受験の段階で2ランクほど高校を落としたためですが)。こうなると,成績は上位であることは予想していましたが,早くから奨学生になるためには,評定が必要であるということだったので,評定はきちんと取りにいきました。私は,国公立大学の一般受験しか考えてなかったので(というか第1志望の大学の推薦入試が,僕が1年生の頃はなく,僕が高3になってからできましたが,あまりにも難しすぎて諦めざるを得なかったです),評定は本当に奨学金のために死守しました。僕の高校は,評定がほぼテストで出るという高校だったので,高校の定期テストも多少は対策をして,評定平均4.3~5(5点満点に換算した結果,僕の高校,というか僕の地元は高校は10段階評価でした)を何とか取りました。

 そして,高3になって11月くらいにとある地元でスーパーを展開している企業が主催している奨学金団体の募集が高校でありました。これは,高校から1人は確実にもらえるということでした。最終的には,他の人が課題文を提出しなかったので,僕がその学校優先順位1位(尤も1人しかいませんでしたが)で学校を通して応募しました。

申し込むのに当たり,12月頃に課題文(課題図書1冊を読んだうえで書かされました)と自己PR,自己推薦文を書いて応募しました

その後,大学入試の発表後(3月中旬)に面接ということが2月末に言われ,大学に合格した後に,面接に行きました(面接は,面接官6人に対して僕1人でした。どうやらその団体の重役が勢揃いした場合だったみたいです。時間は1時間弱だったと思います。)。

 ちなみに,1月くらいに別の奨学金団体の高校を通した募集がありました。僕はほぼ伊藤奨学会が内定してきたので,応募はしませんでした。

 2.2 大学合格後

 大学合格後,手あたり次第民間の奨学金団体に申し込みました。合計5つくらいは申し込んだのではないかと思います。岩国育英財団とか山田育英会とかがそれにあたったように思います。自己推薦文や課題文を書いたことは数知れず,場合によっては,友達に他己推薦文を書いてもらったこともあります。しかし,結局中々通りませんでした。

この時に情報は,自分で調べたり,親が調べたりしたものもありましたが,大学の教務課の経済支援係で情報が得られますし、私はそこからも情報を得ました。

 結局は,大学の教務課から紹介して頂いたとある給付貸与併用型に採用されることができました。この採用の時は,志望書と自己PRを書いただけでした。すなわち、面接はありませんでした。

 2.3 大学生活

 結局は,高校の時に採用されたもの(給付型,3万円/月,年2回(6月と12月)まとめて支給)と大学入学後採用されたもの(給付貸与併用型,給付額3万円/月・貸与額5万円/月(無利子),毎月支給)に採用されました。

 これらを維持するために,提出物を出す必要があります。郵便代は実費です。各自に届いたことを確認するために書留郵便にするのですけど,高いです…。簡単にまとめます。

  •  4月に生活学業状況報告書と成績証明書,在学証明書
  •  10月に生活学業状況報告書

  奨学会によっては,懇親会等に参加する必要があったり,上記の書類の提出頻度が多かったりします。

3.奨学金の例 

※詳細については各自で参照のこと。万一情報が間違っていても,悪しからず。経済状況については,漠然と「経済的な理由がある」ということが書いてあるだけのものや厳格に経済状況が決まっているものまであります。

・山田育英会(ダスキン系)…学部学生2万円/月 給付。 20名以内募集。(要件)大学に在学する学生で,出身学校長又は大学学長若しくは学部長の推薦がある者,学部1年であること等。

・コカ・コーラ教育・環境財団…1万5千円/月 給付 原則51名(東京都4名,北海道2名,その他府県1名) (要件)高校に在学し,今年卒業予定の者等。

・岩國育英財団(セブンイレブン系)…25万円/年度 給付 募集10名 原則学部1年生

4.奨学金の代替手段・安く生活する方法

 4.1 授業料免除・入学料免除

  大学によっては,授業料免除や入学料免除の制度がある場合もあります。大学の成績が関係しますので,きちんと単位を取ってください。できれば,まあまあ良い成績で。

私も半額で済んでいます。大学によっていろいろ異なると思いますが,全額免除だけではなく,半額免除等の他の制度がありますので,それを利用するのも手です。お金をもらうことと出ていくお金を減らすことは,基本的に同値ですから。

同様に入学料を免除にしてもらうこともできます。

入学料免除や大学1年生の授業料免除の手続(学年や学期毎の申請である場合もあります)は入学後すぐあるいは,入学前に始める可能性がありますので,よく確認してください。

私は、1年前期の手続ができませんでした。学期毎の手続もきちんとよく確認してください。申請には,申請書の他に,所得証明書等のいろいろな手続きが必要で,その書類の中では,交付までに時間がかかる場合もありますので,気を付けてください。

※特に国公立大学において,授業料免除する場合に,昨年度までは大学独自の基準で行っていましたが,昨年秋に成立した奨学金に関する法律の影響により,この基準を全国で統一することになり,JASSOの給付型奨学金を受給している場合にしか授業料免除がされないということになっているようです。

 4.2 学生寮

詳しくはこちら 

  大学によっては,学生寮があり,これに入るという手もあります。私も今入っています。大学によりその特徴も様々ですので,確認してください。

  私が入っている寮について説明すると,寮費は12000円/月が平均です。非常に安いです。ただ,いろいろ失うものもあります。

・ぼろい

・(寮なのに)遠い,食事が出ない

・風呂が時間指定

・狭い,風呂トイレ,洗濯機,台所共用(→私物を台所や洗濯機の近くに置くこと不可)

・寮の仕事がある。

・よくわからない人(人間性に問題がある人)がいる

 等があります。ただ,違うところにお金を使うことを考えると,悪くないのではないかと思います。メリットとしては,

・寮費が安いので,他のことにお金を使える。

・電気,水などが使い放題。

・DIY等少々汚しても問題ない。

等でしょうか。

 学生寮といっても色々なものがあるので,それぞれの大学について調べてもらい,各自で決めて頂きたいですが,私は少々汚いところに住んでもいいのではないかと思います。そこで浮いたお金を旅行や趣味,勉強等に使うというのもいいと思います。

5.総括

 近年の現状の変化やそれに伴う社会の価値観の変化,これを端緒とする制度の変化等によって,進学には必ずしも経済的に豊かである必要はなくなったように思います(尤も,昔でも経済的に優しく進学できる方法はあったとは思いますが)。いろいろな情報を自らで調べことが要求されると思います。

尤も,自分の実力が社会的に要求される程度に達している必要はありますが,その要件を満たせば,自分のお金をあまり使わなくても,進学ができるといってもよいでしょう。

 最も連想しやすい制度が奨学金ですが,それ1つとってもいろいろな種類があるということ,またそれ以外の方法も数多くあるということを理解したうえで,その情報を貪欲に探し,それを掴み取ろうとする必要があると思われます。

大学生活全般のページはこちら

大学生活
「大学生活」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました